憧れの女上司と 成宮いろは

公開日: 

僕は、上司の成宮さんと地方へ出張する事になりました。同僚にはそうでもないですが、成宮さんは僕にだけ凄く厳しくて、確かに僕がうっかりミスを繰り返すので仕方がないんですけど…なので、今回は怒られない様にしっかりせねばと思っていましたが、やっぱり成宮さんに怒られてしまいました。ただ、商談は上手くいき、大口の契約を取る事ができました。さて帰ろうとなったのですが、終電を逃し、仕方なく宿を探した結果、温泉宿の一部屋だけ確保できました。成宮さんは仕方が無いと言い、僕は成宮さんと同じ部屋に泊まる事になったんです。軽く飲みながら食事をしていると、酔ってきたのかいつもの厳しい表情が消え、僕はちょっとドキッとしてしまいました。当然の様に並べて敷いてある布団で先に横になっていた成宮さんを起こさぬ様静かに布団へ向かうと、成宮さんが僕の手を掴んできたんです。眼鏡を外し、上目遣いで、潤んだ眼差し、恥ずかしそうに僕に好きと言った唇、僕の為に厳しくしてくれていたと改めて気がついた。そして僕たちは無言で唇を重ねあった…。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

NEW エントリー

PAGE TOP ↑