神波多一花 「あんまりです・・」鬼畜男の肉棒で涙を流して悶えイク美人女将

公開日:  最終更新日:2017/07/15

神波多一花 「あんまりです・・」鬼畜男の肉棒で悶えイク美人女将

神波多一花 「あんまりです・・」鬼畜男の肉棒で悶えイク美人女将

神波多一花 「あんまりです・・」鬼畜男の肉棒で悶えイク美人女将

神波多一花 「あんまりです・・」鬼畜男の肉棒で悶えイク美人女将

経営難の旅館を立て直すべく奮闘する美人女将・神波多一花。スレンダーな肢体にすっきりとした美貌が際立つ評判の若女将。そんな美人若女将に救いの手を差し出す資産家が現れたのだが・・その男の目的は若女将の熟れた身体。「あなたさえ少し我慢すれば・・」男の言葉に惑わされ、身を差し出す女将。「そんな、こんな事あんまりです」和服を着衣のまま辱められる屈辱に身を震わす若女将。鬼畜男の肉棒は確実に女の感じる壺を突き刺し、清楚な和服美人を追い詰めていく。「中は、中には出さないで・・イクぅ~!」恥辱の着衣バックでイカされ、中出しされると痙攣しながら涙の絶頂。旅館のため、怖気が走るほど嫌な男の接待をさせられながら、その男の肉棒で屈辱の絶頂を味わうスレンダー若女将の悲哀をお楽しみください。

美人女将 凌辱女体接待 6 神波多一花

「だ、誰があなたなんかで感じて――あァん」
伝統ある宿を経営する若女将・紗羽子を襲う醜聞。
愛する夫と宿を守るため熟れた肢体が差し出される。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

NEW エントリー

PAGE TOP ↑